セミナー

【幸せ作りのお手伝い】2024年6月19日号No.325

こんにちは。

 経営システム研究所のメルマガ担当 渡邊 文子です。
私は「晴れ女」のようです。行事は途中からでも雨が止むことが多いです。
 何より、大雨の出勤時に雨靴+レインコートの完全雨対策で出勤すると
 ほぼ帰る頃には青空が覗きます。結構情けなく、恥ずかしい気分で帰宅で
 す。

 私が完全雨対策すると雨があがる。もはやこれは、ジンクスなのか?

 「ジンクス」とは、日本では「ジンクス」は「縁起がいいor悪いいい伝えや、
 それらを予兆するようなできごと」「ゲン担ぎの対象するものごと」などの意
 味で用いられています。本来の「ジンクス(不吉ないい回し)」よりも広義
 でとらえられています。
 幸運を予兆する意味でも使われているのは日本だけのようです。

 古来「ゲン担ぐ」「忌み嫌うジンクス」は戒めや、困難を乗り越えための
 「逃げ」だったのではないか、また「ラッキー」と思うネタでもあります。
 
 ・新しい靴を最初に履くのは晴れた日 
 ・財布を新調する時は5円を入れておく  等々
 自分自身にとっての「ゲン担ぐ」(良い結果を願って行う事)行動ってな
 にかありますか?

 私は虹を見つけた時は「良いことありそう」「願いかなうかも?」って
 思っています。

 
 さて、今回冨田からは、
 『私の変わった趣味(古代史年表作りと神社巡り)』シリーズ
【NO.39出雲族の国譲り~神武東征までの歴史(AD100頃~AD180頃)】2)
 をお送りさせて頂きます。

 そして白井より【生産性爆上がりのタイムマネジメント術】をお届けし
 ます。是非ご覧ください。

 もし過去のメルマガを講読されたい方は、お送り致しますので、その旨判
 るように本メールへご返信下さい。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃○┃KSKトピックス
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ハッと気がつくゼミナール95回 (ミニセミナー)

 テーマ :『働き方改革により設計効率爆上がり』
      ~ウチの製品、モジュール化で対応できる?~

 日 時 :2024年6月28日(金) 16:00~17:30(受付15:30~
 定 員 :15名  参加費 :無料(先着順)

 会 場 :CIVI研修センター新大阪東601号
      大阪市東淀川区東中島1-19-4 ルーシッドスクエア新大阪6F

 主 催 :株式会社経営システム研究所
 
 ★設計者不足の特効薬を検証する!
   ~御社の製品、モジュール化した方が良いですよ!‥‥のポイント~
         株式会社経営システム研究所 江見祥一16:00~17:10
         
         設計業務の改革の手法としてモジュール化がありますが、
         何でもかんでも出来るわけではない。どんな観点でモジ
         ュール化出来るのか?どれくらい効率化につながるか?を
         コンサルタントの視点で解説し、御参考にして頂きたい。
 ★CLIPV-PLM デモ                  
         株式会社経営システム研究所 岡 龍太 17:10~17:30
         
         設計モジュール化技法の考え方元に、個別受注型製造業向
         け設計情報管理のテンプレート活用し、設計者を介在しな
         くても見積回答や設計部品表の作成を迅速に行うことが可
         能なソリューションをご紹介します

 多くのご参加お待ちいたしております。
 
 お申し込みは、
 〇このメルマガにお返事をいただいても結構です。、
 〇HPにて掲載いたしますので、そちらからでも結構です。
 https://www.ksk-consulting.com/
 〇こちらからも出来ます。
 https://forms.gle/U5kgJPeJkAVHLSVE8

 ◆ランディングページのお知らせ◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 CLIPV-PLM – 個別受注型製造業の悩みはこれで解決!
 https://bit.ly/4aNGOwL
 一度ご覧ください。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃『私の変わった趣味(古代史年表作りと神社巡り)』シリーズ  
┃ ┃ 【NO..39出雲族の国譲り~神武東征までの歴史(2】
┃ ┃
┃ ┃                           冨田 茂
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前回の続き国譲り~神武天皇・欠史八代~10崇神天皇の話を2回目です。
 
出雲平野の開発で旧知の仲であった、大国主Ⅱ少彦名は、大国主Ⅱの息子
 の大物主命(事代主・大山咋神(オオヤマクイ)と、少彦名の娘の玉櫛姫(タマグシヒメ)
 をめあわせます。
 そして、三島江の淀川向こう岸(枚方市)に流れ込む天野川を遡って、奈良
 盆地に入り、浅い沼のような状態であった、奈良湖南東部の三輪~田原本周
 辺に国を作らせます。
 
  また、AD140頃、出雲から叔父の少彦名命を追いかけて出てきた饒速日(生
 没AD120?-180?)が、三島江にやってきます。少彦名命は、饒速日に大国主Ⅱ
 の娘の、御炊屋姫命(ミカシヤヒメ)を、めあわせて、天野川を遡った生駒の富雄(ト
 ミオ)~石木町・木嶋(コノシマ)周辺の、鳥見庄(トミノショウ)一帯の開発にあたらせま
 す。

 ここは奈良湖の北東端に当たる場所で、ここも稲作に最適な浅い沼地が広が
 っていました。
当時、奈良盆地はそのほとんどが湖でした。広大な耕地を得るために、奈良
 湖の北西端を開削して、奈良盆地の水を亀の瀬から河内平野に流下させ、水
 抜きをおこないました。
 この結果、AD150頃には、奈良盆地は豊かな耕作地(葺原中国(アシハラノナカツ
 クニ))に変貌していきました。
現在でも、奈良盆地の川は南から北に向かって流れており、北端を流れる大
 和川に合流して、亀の瀬を河内平野に流れ落ちています。
 

 続きは次回326号でお楽しみ下さい‥‥乞うご期待
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃【生産性爆上がりのタイムマネジメント術】
┃ ┃
┃ ┃                          白井 達也
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 こんにちは、営業本部の白井です。

 早速ですが、皆さんは「ポモドーロ・テクニック」はご存知ですか?
 「ポモドーロ・テクニック」とは仕事や勉強の集中力を高め、生産性を向上
 させるための時間管理法で、25分間の作業時間と5分間の小休憩で構成され
 た、タイムマネジメント術です。

 ポモドーロの歴史
 1980年代にフランチェスコ・シリロにより考案されました。
 時間管理と生産性の問題に悩んでいたシリロが「まずは10分間集中的に勉強
 できるか」と自分に問いかけたのが、このポモドーロ・テクニック誕生の
 きっかけと言われています。
 ちなみに、勉強時間を測定するためにそのとき使ったのが、トマトの形をし
 たキッチンタイマーでした (イタリア語でトマトは「ポモドーロ」)。
 ポモドーロという名前の由来はそこにあります。

 ポモドーロ・テクニックの基本的な手順
 作業と休憩のセッションを交互に繰り返すのが、ポモドーロ・テクニックの
 仕組みです。
 1)タスクを選ぶ: 最初に取り組むタスクを選ぶ。
 2)タイマーをセットする: タイマーを25分にセットし、その間は「一切の
  中断なしで」タスクに集中します。これを「1ポモドーロ」と呼びます。
 3)作業を開始する: タイマーが鳴るまで、そのタスクに集中して取り組みま
  す。
 4)短い休憩を取る: 25分の作業が終わったら、5分程度の短い休憩を取りま
  す。
 5)1~4を繰り返す: 1ポモドーロのサイクルを4回繰り返したら、30分程度
  の長い休憩を取ります。作業を続ける場合はまた1に戻る。

 上記のサイクルを回すことで、短時間のセッションで作業を集中的に行い、
 生産性を高めつつ、モチベーションも維持できます。

 ポモドーロ・テクニックのメリットと効果
 1)高い集中力を維持する: 短い時間に集中して取り組むことで、集中力を維
  持できる
 2)時間管理スキルの向上: 作業時間と休憩時間を明確に区切ることで、タイ
  ムマネジメント能力が向上する。
 3)疲労の軽減: 定期的な休憩を取ることで、疲労を軽減できる。
 4)モチベーションを維持する:短期間で集中して取り組むことで、25分間で
  どれだけのことを達成できるのかを知ることができ、満足感を得られる。
 5)生産性の向上:1つずつ確実にタスクを終わらせていくことで、結果的に
  生産性が向上する。

 タイムマネジメント能力や集中力が身につき、結果的に業務の質が高まるポ
 モドーロ・テクニック。
 出社勤務やリモートワークと様々な働き方はありますが、毎日仕事が続いて
 いくと、つい惰性で1日を過ごしてしまいがちですが、自分の生産性を高め
 無駄を減らせばストレスを軽減することもできます。
 そのスタートとして、ポモドーロ・テクニックを取り組んでみてはいかがで
 しょうか。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

  1. 【幸せ作りのお手伝い】2024年7月3日号No.326
  2. 【幸せ作りのお手伝い】2024年6月5日号No.324
PAGE TOP