セミナー

『設計モジュール化技法による設計工数削減と若手設計者の早期育成、その具体的進め方と成功事例』

日 時2024年5月21日(火)10:00~17:00
(9:30 ログイン開始)※昼休憩1時間あり
会 場日刊工業新聞社
受講料46,200円(資料含む、消費税込)
主 催日刊工業新聞社
内 容カスタム設計の効率化を図る為に、設計の標準化・ユニット化を
  計るが、成功しないのが実態。
  図面だけでも標準化を試みるもうまくいかない。
  設計思想の標準化を図る事で、顧客対応の都度設計が発生しても
  属人化しない図面作成が可能。
  設計工数の大幅な削減を実現。
  等、事例を交えて分かりやすく講義いたします。

  1. 個別受注・受注後設計型 製造業の現状
  2. 設計モジュール化技法とは
  3. 設計モジュール化技法の進め方
  4. 設計モジュール化技法の導入後の新しい業務の姿
  5. 設計モジュール化技法の推進活動体制
  6. 新しい業務を支援するITシステムの構築
   ~モジュール化に対応したシステムの基本形~
  7. 設計モジュール化技法の事例
講 師野村 武史
お申込https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/7134

関連記事

  1. 【リアルセミナー】 設計モジュール化技法による設計工数削減と若手…
PAGE TOP